いびき手術の痛みについて。いびき手術の時間や麻酔はどんな?痛くないの?

わたしは1年前、いびき手術で、鼻中隔湾曲症の手術咽喉形成術の手術を同時に受けました。

いびき手術当日、どんな風に過ごすのか、また手術の麻酔痛みについて、手術後2日間の入院生活がどんなだったのか書いていこうと思います。

スポンサーリンク

いびき手術 麻酔はどんな?痛くない?

いびきの手術の前日の夜11時までに食事をすませ、その後手術を受けるまで何も食べてはいけないとの事だったので、そのように準備しました。水分に関しては、朝の6時頃までにコップ1杯の水だけ飲んでもいいことになっていました。

手術当日は朝、8時20分に受付を済ませ、病院内を案内していただきます。9時半から手術でしたが、その前に手術を担当してくださる先生と麻酔の先生、看護師さん皆さん揃って病室にきてくださり、挨拶をしてくださいました。

その後、麻酔の先生の診察を受けてから手術衣に着替え手術室に入ります。麻酔に関してはわたしの場合は全身麻酔でした。

自分で手術のベットまで移動して寝てから点滴と酸素マスクを当てると点滴のチューブからヒヤッとした感覚が伝わってきて・・・その後全く記憶にありません。痛みも全然ありませんでした。

いびき手術の時間は?

手術自体は2時間で終わったようです。

覚えていませんが「手術の手引き」によると、痛み止めの座薬を入れて、点滴と酸素吸入をしながら病室まで戻って3時間ほど安静にしていたみたいです。
14時半〜3時頃に目を覚ましました。

手術に関しては、痛みは全くありませんし、麻酔も全身麻酔で、まずヒヤっとする感覚だけ感じましたが、あとは全く覚えていません。
なんの苦痛もありませんでした。

スポンサーリンク

いびき手術 術後はどんな感じ?

目を覚ました3時頃、先生が来てくださり、手術が無事済んだ事、鼻に詰め物をしていることを教えてくださいました。それと、水は飲んでもいいとの事でした。

まだ痛みはあまり感じない状態ですが、フラつきがあるとの事で4時頃までベットで横になっていたのですが・・・

鼻に詰め物をしているせいで、涙がずっと止まりません
痛みは全然ないのですが余分な涙は通常鼻の方に流れていくという事を聞いたことがありましたが、それができないのでずっと涙が出っぱなしになります。
その上、血液が混ざっていたりして、目から血が流れる感じでホラー映画みたいになっています。

その涙を拭き取るのと、血の混ざった「つば」がどんどん出てくるんだけど、飲んではいけないのでティッシュに吐き出すんですが、そのゴミが山盛りできるのですぐゴミ箱がいっぱいになります。

横向きに寝ないと血がうまく吐き出せないのでずっと横を向きっぱなしもつらいです。

そんなこんなで痛みよりも血の吐き出しと、涙が出っぱなしになる状態がつらかったです。

まとめ

手術の全身麻酔はヒヤッとするだけで痛みなしで問題ありませんでしたが、夕方まで手術の影響で涙が出っ放し、ツバも飲み込めない状況がつらかったです。

ツバも間違えて飲み込んでしまうときもあったのですが、その場合耳にきます。耳の鼓膜が破れるんじゃないかというような痛みがはしるんです。血が混じってるから飲み込めないだけでなく、耳にも影響があるので飲み込めないんですね。

ツバを飲み込む行為一つにしてもいかに鼻を使っていたのかがわかる貴重な体験でした。鼻がなければ空気の逃げ場がないので耳の穴に衝撃が行くんですよね。

手術後、一人でも大丈夫だったと思いますが、家族が見舞いに来てくれ、血の吐き出しを手伝ってくれたのがありがたかったです。
ティッシュの箱を抱えっぱなしで横向き状態で、何もできませんでした。

食事は夕飯から食べることができました。
全てすりつぶしたペースト状の軟食です。
のどの手術をしていますので柔らかいものしか飲み込めません。
味は、鼻に詰め物をしてるので全くわかりませんでした><

>>いびき体験談の一覧へ

スポンサーリンク