クリスマスに4°cのプレゼントはいらない?その理由は?逆にどんなプレゼントが良い?

クリスマスに大切な人に4°cのプレゼントをあげたいと思ったのに4°cはいらないと言われてしまった・・・なんて事があったら、なぜなのか本意を知りたいですよね。なぜなのかわからなければ、どうしたら良いのかわからないですもんね!

私も気になるのでちょっと調べて見ました。

スポンサーリンク

クリスマスに4°cはいらない

そもそも、なぜ4°c入らないとその人は言ったのかですが、その前に4°cってどんなブランドなのか調べてみました。

そもそも4℃ってどんなブランド?

ジュエリーブランド「4℃」(ヨンドシー)は、ジュエリーブランド「RUGIADA」(ルジアダ)なども展開する株式会社エフ・ディ・シィ・プロダクツのブランドで、会社の創業は1972年です。
デザインはシンプルなものが多くコンセプトは「ベーシックなものをシンプルかつ新鮮に」。

4℃にどんなアイテムがあるのか

ジュエリーや時計、バッグ、財布、小物雑貨などのアイテムを展開しています。

4℃はどの世代に喜ばれるか?

アクセサリーや財布など1万円代から買える比較的買いやすい価格帯から展開しているので「若い人向け(10代後半から20代前半)のブランド」というイメージです。

クリスマス 4°c いらない理由を考えてみた

クリスマスや誕生日に一番プレゼントとしてアクセサリーは人気があると思いますが、「いらない」理由を考えてみました。

4°cのアイテムは若い人向けのイメージなのでいらない

アクセサリー好きの人は一度は通ったブランドだと思いますので、年齢を重ねると若い時につけていたブランドだと恥ずかしいと思う人も少なからずいたりします。

4℃的にはブライダルのアイテムも出していたりしますので「若い人向けブランド」として意識しての展開はしていないようですし、シンプルで質の良いものが好きな人に・・・という感じではありますが世間のイメージを気にされる方もいるんですね。

4°cは人気なので友達などと「かぶる」可能性がある

4℃は人気ブランドですし、女性は友達がそのブランドを好きな場合、たとえ自分が好きでも被るのはいやだったりしますのでその場合は、いらないですね。

4°cのアイテムは前にもらったか自分で買ったことがある

プレゼントとして贈られる率も高いようですのでもうすでに持っている確率も高いのでしょう。自分へのご褒美として女性はアクセサリーよく購入しますので、いらないとなるのかもですね。

そもそも4°cが好きではない

シンプルなデザインで誰にでも合わせやすいところがいいと思いますが、お気に入りのブランドがあればそちらの方がいいですもんね。ですのでいらないのでしょう。

4°cに関する思い出がある

プレゼントで贈られたりする確率が高い分、思い出のブランドになってる可能性も。思い出したくないのでいらないのでしょう。

4°cはクリスマス前後にオークションやメルカリにたくさん出る

実は、クリスマス時期に大量の4℃のアイテムの出品があったりするのです・・・冬の風物詩と呼ばれているくらいですね。ツイッターでも話題になっていた時があります。

悲しい事に、もらったものを出品している人にとっては、同時期に大量に同じものが出品されるのでオークションでは価格が下がるし、送料でトントンになるという話もあったりなかったり。ですので「いらない」となるのかも。

それだけプレゼントとしては選ばれているという事で、間違いないブランドではあるんですが。

スポンサーリンク

クリスマス 4°c はいらない場合どんなクリスマスプレゼントがいいのか?

では 4°c がいらないという人にはどんなプレゼントがいいか、ですけれども・・・

そもそも形の残らないもの

ディナーやサプライズのお出かけ、旅行など、形の残らない思い出なんてどうでしょう?

一緒に見に行く

どんな贈り物がいいのか、予算だけ伝えて一緒に探すというのもいいかもしれないですね。

日頃の言動を思い出してみる

日頃何気ないところで、欲しいものや願望などポロっと言ってないですか?そういった事を覚えていてくれるだけでも嬉しいものです。

そういう「見てくれている、気にしていてくれる」というのが男女問わず嬉しいものだと思います。

まとめ

4℃はいろいろ書きましたが、本当に素敵なデザインのブランドだと私は思います。だけど、いらないとなるいろいろな理由が見つかりました。そのどれに該当するのかはわからないですが「いらない」と言ってくれるだけでも助かりませんか?お相手を理解するいいきっかけになると思います。

ですので、喜んでもらえるプレゼントを毎年探すのは大変だと思いますが、いっそのこと、本人に何がいいのかさりげなく尋ねてみたり、日頃のお相手の言動をよく思い出すのが一番いいのかなと思います。

いいクリスマスをおくれるように祈っています^^

スポンサーリンク