1食500キロカロリーダイエット 私が5キロ痩せたダイエットその2。

私が試して効果のあったダイエットを絶賛書き出し中なのですが、飽き性の私がダイエットしてはリバウンドのサイクルを断ち切るために記録していっています。

今しているダイエットに飽きたら違う効果の出たダイエットを続けて行い、リバウンドを防ごうじゃないかと思いたったあるブロガーさんの記事を見て、これいいかもと私も真似することにしました。

ですので今まで私が試して効果の出たダイエットを書き出していっていますが、何かのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

1食500キロカロリーダイエットをしたきっかけ

運動がどうしても3日坊主で終わってしまうので、食事でなんとかするしかありませんでした。仕事も忙しく色々考えるのが面倒だったので、単純に1日の摂取量を1500kcalと決めて単純に3食に振り分けると500kcalなのでそうした、というだけでした。

カロリー制限1食500キロカロリーダイエットの目安は?どんな風に実践したか

カロリー制限ダイエットの目安は1食が500kcalで1日で1500kcalに収まるように食事を調節しました。ただ、栄養のことを考え、必ず1食につき「1日分の野菜」的な野菜ジュースを飲むことにしました。野菜ジュースは私が好んで飲んでいた「1日分の野菜 紙パック 200ml」でいうと71kcalなので、1食の残り429kcalが食事ということになります。

作るとカロリーがわからなくなるので、当時はほとんどコンビニで買ってすませていました。
活躍した食べ物ですが、朝と昼はサンドイッチかカロリーメイト、夜はパスタやおでんが主役になっていました。

運動は通勤の歩きだけです。ですが、1ヶ月も後半になってくると、体重が落ちるのが面白くて、帰りに一駅手前で降りて歩く距離を稼いだりもしていました。休日に5キロ散歩したりもしていました。

スポンサーリンク

カロリー制限1食500キロカロリーダイエットの期間と結果は?

これで1ヶ月で5キロ落としました。5キロも変わると体が軽くなり、気分も良くなります。

コンビニで、ほぼ食べるものが決まってきますので(サンドイッチとかパスタとか)ほかの系列のコンビニに行ったりして飽きないようにするのがちょっと大変でした。

それと、どうしても甘いものが欲しくなった時はコーヒーにオリゴ糖を入れて飲んだり、無脂肪ヨーグルトにオリゴ糖を入れて食べたりしました。あと、「フルーチェ」も活躍しました。一気に食べてしまわないように小分けにして冷凍し、シャーベットのようにして食べたりしました。

1食が500kcalで体が慣れる前は、とても物足りない感じでイライラしましたが、慣れてくるとちょうど良くなってきます。毎日野菜ジュースも飲んでいたので健康診断を受けたのですが、問題ありませんでした。

まとめ

これはカロリーだけを考えていますので、今考えれば糖質も結構とっていました。1日のカロリーを抑えれば体重が減るというのがよくわかった経験でした。

糖質制限すればもっと減ったかもしれませんが、私の場合甘いものや、炭水化物などの糖質があるからつらいカロリー制限も乗り越えられるという風にも考えられるので、私には向いているダイエット法だったと思います。

スポンサーリンク