3度目の禁煙外来でやっと禁煙に成功。離脱症状を乗り越えられたコツ

私は何度も自力で禁煙し、失敗を繰り返した挙句、禁煙外来でも2回失敗しています。
ですが3回目の禁煙外来でやっと成功しました。

2回も失敗しているのに3回目でなぜ成功できたのかそのコツを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

禁煙外来と自力での禁煙の違い

禁煙外来で今回は禁煙に成功しましたが、その前に2度も失敗しています。
でもなぜ、禁煙外来にチャレンジし続けたかと言いますと・・・自力で禁煙した時の離脱症状が私の場合とてもキツかったからです。

眠気と、頭痛と、ふるえもありましたし、不安になったりちょっと鬱っぽくなったりするので今から考えるとかなり禁断症状は激しい部類だったと思います。

ところが、禁煙外来で処方してもらえる薬「チャンピックス」の場合は驚くほど症状が軽くて、朝の一服の時間さえ我慢できれば、あとはご飯を食べすぎたり、タバコを吸う時間のヒマ潰し(暇疲れ)さえなんとかできれば禁断症状が出ないのですごく簡単に禁煙できて気が抜けるぐらいでした。

ですので、自力で禁煙している方でどうしても離脱症状が我慢できないという方はぜひ、禁煙外来を試して見てください。本当に拍子抜けするくらい簡単にやめられます。ただ簡単すぎて「ちょっとくらいいいか・・・」とタバコに手を出しがちになりますので気をつけてくださいね!

禁煙外来で簡単に禁煙できる分…太る!

私の場合、チャンピックスでの禁煙を挫折したのは仕事のストレスでタバコを吸ってしまったりした事もありましたが、急激に太ってしまって挫折した事が大きかったです。タバコを吸う時間を持て余したり、口寂しくなってしまったので食に走ってしまったんですね・・・

ですので今回は対策を最初に立てておきました!

禁煙外来で太る対策その1:暇つぶし作戦

タバコを吸う時間って1日のうちでヘビースモーカーの人ほど多かったりします。
禁煙を始まるとその時間がごっそりあくので、タバコの代わりに口に入れるものの代用でおやつに走ってしまう人は結構いるんじゃないでしょうか?
ですので、私は禁煙外来で禁煙を始める前にタバコを吸う時間をなるべく短時間になるように調整するようにしました。

禁煙外来に通う予定1ヶ月前にタバコを吸う本数を調整し20本くらいになるようにしたのと時間を5分目一杯吸うところを半分くらいで、1本全部を吸わないで半分残すようにしました。

それと、没頭できるものとして、ゲームが好きなので手軽にできるスマホゲームをする様にしました。
その時のお供は禁煙パイポなどのお菓子ではないものに。
本数を減らすとともに、気を紛らわす練習をしました。

禁煙外来で太る対策その2:未来のタバコ代でジムに入会

まずは禁煙できると仮定して1ヶ月分のタバコ代でジムに入会することにしました。
ジムは入会月1ヶ月分無料になったのでちょっと得しましたが、3ヶ月先までやめられない契約になっていたので、禁煙が成功できないと禁煙外来分のお金とジム代がかさんでしまいます。

ですので無理やり禁煙を頑張れる理由を作っておきました!

スポンサーリンク

禁煙外来で禁煙に成功。現在はどんな感じ?

3回目の禁煙外来で12週間の禁煙を終え、2年経った現在までタバコを吸わないで過ごせています。
お酒の席でも、タバコが欲しいと思いませんし、嫌だと思わないです。ただ「ほっと一息の一服」が懐かしい感じはあります。

ジムに通いながら、禁煙中の12週間を過ごし、急激に太ることはありませんでしたが、今になって若干体重は増えてきています。でもこれは禁煙とは関係ないことかなと思います。2年も経っていますしね。

禁煙で、自分の弱いところや苦手な所もわかりましたし、やれば出来るともわかりましたし、自分の事を見つめ直すいい時間になったと思います。

禁煙したことで浮いたお金で今年は行きたい所に旅もできました。
本当に禁煙して良かったと今では思います。

体の調子も良くなりました。
一番気になっていて、治らないだろうなと思っていた持病の「胸の痛み(肋間神経痛)」も全くなくなり、驚いています。偏頭痛もありません。歯を磨くたびにあった歯茎からの出血がなくなりました。

全部タバコの影響だったのかと驚いている所です。

まとめ

何日かに分けて書いてきましたが、やっと禁煙に成功したところまでたどり着きましたが、本当に失敗続きでしたが、その事で自分のことを知れるいい機会にもなりましたので、今思えば失敗も悪いことばかりではないなと思いました。

今禁煙をされていて、辛い時期にある方も、禁煙のメリットを思い出して、頑張ってくださいね!

※記事の本文を書き終わったら、一度深呼吸して、
本文を音読してみる。流れが悪いところがあれば、見直す。

>>禁煙の体験談まとめ目次

スポンサーリンク